ブログ

ボンファム・エマルションに入っている成分の概要。

エニタイムトリートメント「ボンファム エマルション」

ボンファム・エマルションは、数種類のダメージ補修成分と保湿成分が、贅沢にもバランスよく含まれたトリートメント剤です。

 

 

<ボンファム・エマルションの特徴にもなる代表的な成分>

 

成分その①ペリセア(ダメージ修復と退色防止効果)

ペリセアとは…

N-ラウロイルーLグルタミン酸とリジンとの縮合物のナトリウム塩水溶液のことで、ダメージ毛に深く浸透し、高い残存性で傷んだ髪を修復し保護機能のある成分です。

疎水性と親水性を兼ね備えているペリセアは、毛髪内に素早く浸透し、内部から補修します。

また、毛髪の組織に極めて似ている為、非常に親和性が高く、ダメージ部を補修しながら、剥がれているキューティクルを整えます。

これまでの毛髪補修原料は、表面をコーティングするのみであったり、内部浸透する原料でも、浸透に非常に時間がかかるなどの問題がありました。

しかし、ペリセアは、1分程度の極めて短い時間で毛髪内部に浸透し、なおかつ毛髪表面をコーティングし、毛髪ダメージを内側と外側から補修することが出来るのです。

さらに、残存性に優れているため、マトリックスを吸着させるとともに、一度吸着すると、シャンプーなどでも流れにくく、トリートメント効果の持続性も高めてくれます。

 

ヘアケアにおけるペリセアの説明をするにあたって欠かせないものがあります。

それはCMC(細胞膜複合体)と呼ばれるものです。

※CMC(細胞膜複合体)とは…

キューティクルの間から髪の毛内部までを網羅し、キューティクルやコルテックスの間を埋め尽くすように存在していて、毛髪の構造の約5%を占めています。その特徴は、キューティクル同士や、その内側にある細胞同士をくっつける接着剤としての役割を持っています。また適正な水分量を保ち、細胞間のクッションとなり毛髪に柔軟性を与えています。カラー剤やパーマ剤の通り道でもあり、必要以上に薬剤が浸透しすぎないように調節する機能があるのもCMCの特徴です。

 

髪のダメージはこのCMCの流出が原因とされています。

CMCが流出することで、キューティクルの損傷が起き、コルテックスが流出し、手触りの悪化、カラーの褪色やカールのダレとつながっていくのです。

 

そして、このCMCを修復するのに最も重要な成分がペリセアなのです。

よって、ペリセアがヘアケアにもたらす効果は、上記の説明で挙げたとように、キューティクルを整え、毛髪の強度、ハリ・コシ、水分量、質感アップへとつながっていきます。

 

さらに、ペリセアはスキンケア機能としても優れた成分であるため、頭皮ケアも期待できるでしょう。

(asubisou クレイフェイスウォッシュクリームもペリセア配合です。)

 

成分その②(加水分解シルク/pgプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(髪のビルドアップ抑制)

(加水分解シルク/pgプロピルメチルシランジオール)クロスポリマーとは…

加水分解したシルクとプロピレングリコールを付加したシラン化合物からなる架橋型ポリマーで、シリコーン骨格に、親水性としてペプチドが付与した構造をしていて、滑らかな感触を有しており、皮膚や毛髪を保護する働きがあります。そのため、ヘアーコンディショニング、皮膚コンディショニング、感触改善、保湿などの機能がある成分です。

そして(加水分解シルク/pgプロピルメチルシランジオール)クロスポリマーには、シリコーンと油分の分散安定性を高める働きがあります。髪全体に、均一なコーティング膜を形成することで、ダメージの防止、修復が出来、良好な感触となるヘアコンディショニングとなります。

また、使い過ぎても厚くなる事がありません。

常にシリコーンと油分を均一に保つことで、シリコーンやポリマーの蓄積(ビルドアップ)を防ぎ、髪のベタつきや、手触り悪化を防いでくれます。

 

成分その③キャンデリラロウ(艶、スタイルキープ)

 

キャンデリラロウとは…

タカトウダイ草(メキシコ北部及びアメリカ南部の砂漠地帯に生育)から採れる天然の植物ロウです。

主成分は高級脂肪酸と高級アルコールのエステルです。

タカトウダイ草は夏は45℃、冬はー20℃という温度差が激しい高地に生育しているため、水分の蒸散を抑制する目的で良質の天然ロウを豊富に分泌します。この天然ロウがキャンデリラロウです。

温度変化に強く、収縮率が小さく、優れた光沢性・硬さ・粘靱性・均一な被膜型性・保湿性を持っています。

その為、ベタつかない艶被膜として、口紅、グロス、クリーム、ファンデーション、ヘアワックスなど、幅広く利用されています。

毒性や皮膚刺激性はなく、アレルギーや副作用の報告もない成分で安全性は高いと考えられています。

 

保湿成分に加え、ヘアスタイルを作りやすくキープすることが出来るキャンデリラロウが配合されたボンファム・エマルションは、トリートメント剤としても、ヘアスタイリング剤としても使用することが出来ます。

その他、ハリ・コシの出るケラチン成分と一緒になる事で、ウェーブやカールを出すのにも最適なヘアスタイリング剤となります。

 

関連記事

ページ上部へ戻る